バレエ教室

バレエクラスクレイン > ご挨拶

ご挨拶

はじめまして! 講師の鶴見未穂子です。
たくさんの経験を経て、2014年春、幼少期から住み慣れた町田に教室を開きました。

バレエというと、
「うちの子にできるかしら?」「身体が硬くって……」
とちょっと尻込みをしてしまう方もあると思います。

ですが、その基礎の基礎は、とても当り前な、誰でもできる、しゃがむ、伸ばす…などの動作と、
シンプルな心の動きにあります。

プロのダンサーたちも、そのひとつひとつを、
毎日ていねいに繰り返すことで、華やかな舞台に立っているのです。

将来バレリーナになってみたい、からだを動かす、表現するのが大好き、というお子さんはもちろん
、姿勢が悪い、集中力がない、すぐに座り込んでしまい体力が無い、というお子さんも、

バレエのクラスは、音楽や仲間と、笑ったり泣いたりしながらのうちに、
基礎的な体力をアップさせ、
美しい身体と姿勢、
人前で表現する能力、
音楽性などが身に付くと共に、
何事にも負けない挫ける事のない心や、想像力を育みます。
 
また、大人のかたは、自分にゆったり向き合う時間を過ごすことで、リフレッシュ!
年齢に負けない健やかで美しい身体と、強い心も得られます。

長い年月を経て培われたクラシックバレエの完成された動きは、
身体の不調や、歪みを整える最高のメソッド。 心も整えるものです。

クレインには、さらに、私自身の怪我や、加齢や、介護の体験から学んだ、
ゆったりと感じて行う、ストレッチ体操のクラスもあります。

いずれも定員は6~8人。おひとりおひとりに合わせてのアドバイスができます。

年齢の枠(常識に)捕らわれず、ご一緒に、心身心地の良い人生を楽しみませんか?

さらに、総合芸術であるバレエは、習う方に豊かな新しい窓を開けるでしょう。

まずは、気軽くLet's Try!!  心よりお待ちしています。

講師プロフィール

(公財)井上バレエ団団員、教師、ミストレス。

 8才からバレエを始め、1975年3月井上バレエ学園に入園。1978年井上博文によるバレエ劇場25『幻想交響曲』(A・ロドリゲス振付)に少年役にも抜擢され井上博文と共演。学生時代より発表会に加えて公演舞台にも定期的に出演。1987年3月法政大学文学部卒業と同時にバレエ団入団。以降、井上バレエ団団員として全ての公演、世田谷地域公演、地方公演、学校公演、企業公演、海外公演(ジャパンウィーク・ザルツブルグ)舞台にて活躍。

バレエ団公演での主な配役
『くるみ割人形』“金平糖の精”をズデニエク・コンバリーナ(ボストンバレエ)と

“雪の女王”をパトリック・アルマン(ボストンバレエ)、ヨラン・スバルベリ(デンマーク王立バレエ)、ディアゴ・ソレアス(英国ロイヤルバレエ)、ラスタ・トーマス(米)、ブレンダン・コリンズ(スウエーデン王立バレエ)他と共演

『眠りの森の美女』“カラボス”“リラの精”“フロリナ王女”(王子パトリック・アルマン/バンジャマン・ペッシュ(パリオペラ座)/エマニエル・ティボー(パリオペラ座)))

『ジゼル』“ミルタ” (バンジャマン・ペッシュ(パリオペラ座)他)

『シンデレラ』“仙女”/ 『ナポリ・ディヴィルティスマン』“テレシーナ”をマッス・ブラングストロップ(デンマーク王立バレエ)と。“パ・ド・シス”
"関直人振付『夏の詩』『華』『クラシカル・シンフォニー』、A・ロドリゲス振付『バディヌリ』小作品のプリンシパル
『パ・ド・カトル』(A・ドーリン振付)『ヴァリアシオン』(リファール振付、レオンヌ・マイル指導)他、常にソリストとして重要な役割を踊って評価される。
1997年、スウェーデン王立バレエ団研修。

外部舞台

読売日本交響楽団コンサート、日本バレエ協会全国合同バレエの夕べの他、多くのバレエ教室でのゲスト出演、主演以外にも、バロックダンス~コンテンポラリーダンスまで幅広く学び、多くの公演に出演。
2015年1月~2016年1月
ニブロール『リアルリアリティ』ツアー、世田谷パブリックシアター、和歌山、徳島、愛知芸術劇場、インドネシア(ソロ)、ベトナム(ハノイ)
2016年9月 るくバレエ発表会『瀕死の白鳥』でゲスト出演。


バロックダンス
市瀬陽子プロデュースによる1995年より始まり"ひとときの夢"シリーズ、宮城大学公演、2009年サントリーホール25周年コンサート、他に出演。

コンテンポラリーダンス
1997年に神奈川ASKに所属し、青山眞理子(ピナ・バウシュ ヴッパダール舞踊団)、エリザベス・コルベット(元フランクフルトバレエ)他に師事『dance today』シリーズに出演。
矢内原美邦率いるニブロールに参加して『林んちに行こう』、デュオ作品『森くんちはどこ』、『東京市営第一プール』、『コーヒ―』での各地パフォーマンスやショウケース、2004年横浜Bank Art1929開幕作品『スカッシュ』、ファッションショウに出演。
『神楽坂ダンシングオールナイト』(2000年)加藤文子作品『夢十夜』(2004年)『all blue』では、国内パフォーマンスに加え、米ミシガン大学、'03国際パーカッション協会公演・ケンタッキーにも出演。
『透視的情動』他、音楽家、美術家との即興コンサート、振付家のパフォーマンスにも数多く出演。

舞台他

また、TV『バレエ誕生』(テレビ東京)や、資生堂CM『フェルゼアクリーム』、ミュージカル『ウーエン・イ・ウースト』(アミューズプロデュース)バレリーナロボット役(2005年)、モーツァルト劇場オペラ『劇場支配人』では台詞と振付有りでのバレリーナ役(2006年)、等の舞台でも活躍をした。

教師として
1989年よりの井上バレエ学園での振付指導から始まり、大学、カルチャーセンターなど、たくさんの経験を積み、北海道~九州まで各地のバレエ教室に招かれ、コンクールヴァリエーションも含む指導。
井上バレエ学園発表会、地方教室発表会、フェスティバルの小作品振付指導~『くるみ割り人形(全幕)』他の幕物作品、ダンス作品の振付指導など、多数の振り付けをしている。


公演振付として
2001年 桐朋学園野外コンサート『花火』(三善晃作曲)
2002年 森鴎外訳オペラ『オルフェウス』コンサート形式
2004年 東京ファッションウィーク・HIROKO KOSINOショー
2008年 座☆2E『銀座みゆき屋コーヒ―館』(演劇)他
2009年 代官山ディセ ファッションショウ
2009年 仙川アクティ音楽劇『夏の夜の夢』
聖徳大学オペラ『こうもり』(2010年、2011年)『フィガロの結婚』(2012年、2013年)指導
2013年井上バレエ団アネックス公演 ダンス作品『It's a fine day』を手掛けている。

司会者、プロデューサーとして
2004年本田技研栃木バレエ講演会(レクチャー、『ラ・シルフィード』他)。2004年流山・神愛幼稚園バレエ講演会、司会と出演。2009年、2011年、2012年リソー教育・子供のためのバレエ公演、司会と振付構成。2010年文化庁・子どものための優れた芸術文化体験事業(四国学校公演)、司会と振付指導。2011年アチェロ音楽コンサート バロック音楽とダンス、司会と振付構成及び出演。

バレエミストレスとして
2009年 日本バレエ協会バレエフェスティバル 左右木健一作品『die poem』
2011年 井上バレエ団7月公演 ブルノンビル版『ラ・シルフィード』全幕
2012年 日本バレエ協会 都民フェスティバル メアリー・スピーキング版『ジゼル』全幕。2012年 日本バレエ協会北海道支部全道バレエフェスティバル、ブルノンビル版『ラ・シルフィード』全幕振り移し指導
2013年 都民フェスティバル アレクサンドル・ゴルスキー版『白鳥の湖』での全幕
2014年 井上バレエ団45周年公演『眠りの森の美女』、7月公演 ブルノンビル版『ラ・シルフィード』。12月公演『くるみ割人形』
2015年井上バレエ団アネックス公演『ゆきひめ』

2014・2015・2016年 座間全国舞踊コンクール審査員をつとめている。



2002年より聖徳大学兼任講師(現在 音楽学部ミュージカルコース、オペラコース)
2009年より(公社)日本バレエ協会会員。現在、事業実行委員、東京地区委員。

1994年より読売日本テレビ文化センター宇都宮講師

2014・2015年文化服装学院ファッション流通科ファッションモデルコース講師

2015年より NPO町田バレエ育成振興会会員